不動産投資とは?

最近、資金運用の一つの手段として、不動産投資という言葉をよく耳にします。不動産投資信託の登場や、少子高齢化による年金不安もあり、ここ数年、不動産投資が注目されつつあります。では、具体的に不動産投資とはどのようなものでしょうか。他の金融商品と比較してどうなのか、ほんとうに儲かるのか、どのようなメリット、デメリットがあるのかなど、詳しく知る必要があります。まず投資の意味から考えてみましょう。投資とは、何がしかの利益を得るため、その事業にお金を投資することです。しかし、その投資によって得ることのできる利益は不確実で、場合によっては逆に損失を被ることもあります。ですから投資とは、あくまでも利益を期待して投資するものだということを忘れてはいけません。投資の代表的なものとして、まず上げられるのが株式投資です。株式投資とは、自分が選んで投資した会社の業績が上がり、会社が得た利益を配当金という形で受け取ることと、株式自体の価値が上がり、その株式を売却したときに得られる利益に期待して会社に資金投資することをいいます。この場合、投資した会社が期待通りに業績を上げて、利益が投資家に還元されれば投資は成功したことになりますが、逆に期待通りに業績が上がらず配当金が得られないだけでなく、株式自体も値が下がり、損失を被ることもあります。このように投資とは、極めて不確実なものです。そしてこの不確実性をリスクといいます。

不動産投資のリスク

では、不動産投資について具体的に説明しましょう。不動産投資とは、利益を得るために不動産に資金を投資することです。例えば、自ら購入した不動産を人に貸して定期的に「賃料収入」を受け取り、その不・・・ 詳細はこちら

不動産投資のリターン

昨今注目されている不動産投資ですが、ほかの投資の商品と比べて選ぶ人が増えている理由は何でしょうか。まず一番に上げられるのは、毎月決まった収入を得ることができる可能性がある点です。他の金融商品・・・ 詳細はこちら